muchi

1: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:14:50.72 ID:f/bEUwAv0
執行人「46!47!48!49!」ヒュンヒュン


彡(☓)(☓)「あがが……」

話題の記事(外部)

2: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:15:07.40 ID:fL2OKg4Ia
タフ過ぎるやろ

3: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:15:32.14 ID:h4dboERG0
結構耐えてるやん

4: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:16:15.38 ID:QgVr+o34a
常人なら何発まで意識保てるんやろ

9: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:17:51.66 ID:fL2OKg4Ia
>>4
三発で逝く

5: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:17:24.54 ID:AaAcqC3cd
ワイsmでお願いしたら忘れられて1からやり直しになったで

6: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:17:26.63 ID:8Jit/KnK0
痛いことはやめてあげてほしい

7: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:17:33.41 ID:ECd5i1Wf0
鞭打ちってそんなヤバいん?

10: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:18:00.99 ID:Po7+7i+D0
>>7
肉えぐれるレベルでは

17: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:20:06.37 ID:ECd5i1Wf0
>>10
拷問用はそんな威力すごいんやね

8: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:17:38.91 ID:e8ZcBdfHM
理論的には1発耐えたなら100発いけるやろ

14: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:19:30.59 ID:pD/BS5zBM
>>8
帰納法…

11: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:18:17.33 ID:ZBXM4qhDa
10回やられたけど4回目で気絶したけど次のですぐに起きるって感じで
終わったら熱出て寝込んだわ

12: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:19:15.62 ID:sWT2tPCd0
鞭って皮や肉をえぐるようなトゲが付いとるやつやろ

39: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:25:29.59 ID:phBnAkhI0
>>12
そんなん付いてなくても余裕で抉れるで

13: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:19:30.36 ID:kco0AHUV0
ぐぐぐったら動画あるで
尻に打たれてるやつ見たけど、1発で皮膚やぶれて血でてるな

15: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:19:45.11 ID:ZtJlNlXrd
すぐ死んでならばよしって言われるやつやろ

20: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:21:07.08 ID:MRRR5cR5a
背骨見えてそう

21: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:21:08.88 ID:hgETKgrp0
鞭(警棒)

22: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:21:29.30 ID:DWrMGxJLM
なんGって鞭打ちされた経験のある人少なそうやな

23: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:21:32.16 ID:1bCc+mHT0
タフすぎるだろ
普通一桁で死ぬぞ

24: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:22:31.53 ID:6VvYlh4Ia
鞭にも色々あるのです。
例えば西部開拓時代のカウボーイ等が使った「ブルウィップ」で打たれれば、たった一撃で人間の柔肌など引き裂かれ、骨までダメージが浸透して死にます。
「九尾の猫鞭」で打たれれば、やはり皮が剥がれ、幾度となく打たれ続ければ露出した骨は簡単に折れてしまうでしょう。脊髄を損傷し、一命を取り留めても半身不随……そのような危険性が多分にあります。

また、西欧の鞭は革製なので衝撃が緩和され中々死にませんが、中国の竹製の笞(杖)は直接皮膚に、筋肉に、あるいは骨にダメージを与えてくるため死亡率が高いです。前漢代初期には「笞殺」のような刑罰があったほど、笞の痛みとダメージは恐ろしいのです(なお笞打ちが余りに厳しすぎたためか、後に笞の形状や叩く部位(臀部のみ)、叩く回数も二百回までと改められた模様)。

29: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:23:26.64 ID:9PeTxhb60
>>24
カウボーイのアレそんな強いんかよ
あの時代のゴミ銃よりよっぽど使えるやん

26: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:22:39.89 ID:3zOv51B2a
本物の鞭打ちは実質死刑なんやろあれ
SMの話出てて笑うわ

30: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:23:56.04 ID:s6CeBsEa0
スターシップ・トゥルーパーズで見た

32: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:24:01.39 ID:+LVe+IzZ0
ちなみに1発でスイカが粉々レベルな威力

33: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:24:02.02 ID:VxZNr04Ga
ゴルゴで鞭使うやつおったよな

37: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:24:38.70 ID:DW92gOtB0
ほんでもこれは殺すことが目的ではないんやろ?
人道的やね

38: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:24:46.33 ID:Po7+7i+D0
>(重い)鞭打ち
 「鞭打ち」は、「クヌート」(鞭)を使って行われ、特別な技術が必要だった。新米の刑吏は、実際の刑の執行に参加する前に、この「技」を1年間も学ばねばならなかった。
 クヌートは、2.5~2.7メートルの「本体」に、木製の把手が着いていた。本体は、革紐を編んだものがいくつか束ねられており、先端に長さ約70センチの革製の「くちばし」がついていた。この部分は、塩に浸してから天日で乾かして固めた。
(中略)100~200回鞭打たれると、実質的に死刑になりかねなかった。「くちばし」は皮膚をズタズタに引き裂いた。ある刑吏は、たった3回の鞭打ちで殺せると言った。
「最初の何回かの打撃で、ふつうは深いうめき声が聞こえて、すぐに止んだ。その後、囚人は肉片のように切り刻まれた。20~30回打つと、刑吏は、ウォッカを1杯注いで飲んだ後に、「仕事」に戻る。これら一連の作業はやたらと時間をかけて行われた」。画家ラヴレンチイ・セリャコフは回想している。
 賄賂をやれば、プロの刑吏は、囚人をまったく傷つけることなく、あるいは軽い傷をつけるだけで刑を執行することがあった。しかし、せいぜい50~60回でも、「本物の」打撃を受ければ、普通の男性は、内臓破裂と出血のために、2~3日で死ぬ可能性があった。

40: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:25:44.20 ID:r5vuBRcMa
あんなペラペラの紐効くわけないじゃん🤣

41: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:25:49.91 ID:BemLx29O0
こんだけ強いのにゲームじゃ役立たずな事が多いのおかしくね?

42: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:26:13.86 ID:+LVe+IzZ0
シンガポールには、「鞭打ち」という刑罰があり、この鞭打ち刑が言い渡されることは珍しくありません。鞭打ち刑は、女性と51歳以上の男性には科すことができません。回数は、一般の男性は24回以内、少年の場合は10回以内とされています。使用される鞭には、ラタンという非常に頑丈な木材が使用されます。1回打たれるだけでも失神する受刑者もいて、回数をわけて執行されます。


1撃失神を最大24回とか死ぬやん

44: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:26:40.04 ID:YNcZ8dvQM
木の枝みたいなやつでペシペシのとこもあれば
ベルトみたいなやつで皮膚が裂けるレベルのやつもあるから

48: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:27:22.59 ID:VD2BFlc7d
中国のとか鞭ってか棍棒やしな

51: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:27:42.00 ID:9pSi9Fju0
一撃失神ってスタンガンよりやばくね?
護身用に使えるやん

55: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:27:56.90 ID:wAC/zqIda
SMの鞭10回でも気絶しそうになるやろ

58: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:28:39.14 ID:yBcTqLsfa
痛みで失神とかどんなレベルなんや

59: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:28:40.71 ID:IJD0+6AJa
先の方が音速超えるんやろ

61: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:28:43.01 ID:e8ZcBdfHM
執行途中で死んだと見做されて後々生きてるのわかったらやり直すんかな

60: それでも動く名無し 2022/09/20(火) 13:28:40.86 ID:2oSSsu2N0
鞭打ちってそんなにきついんか



おすすめ記事


話題の記事(外部)